« 浅川を辿る(その3) | トップページ | 浅川を辿る(その5) »

2013年10月18日 (金)

浅川を辿る(その4)

何となくわかってきました。
川を辿るということは、即ち「橋を知る」ということなんでしょうか。

ゆうやけばし

13_2 132 

歩行者専用の橋です。センターに変なオブジェがありました。
川の流れと石をイメージしているのでしょうか。作品名とかどこにも書いてなかったなぁ。

14

堰堤の形が今までと違います。

15 川原宿橋(かわらじゅくばし)

ここから陣馬街道を走ってもいいですし、突っ切ってもう一本先の橋から
陣馬街道に合流してもいいです。

17

またまたコスモスと川原宿大橋。山が迫ってきました。
この橋を右へ渡って最初の交差点を左へ。
ここからは陣馬街道を走ります。

18

少し進むと浅川が寄り添って来ました。
まだまだ随所に橋が架かっているのですが、いちいちチェックするの面倒くさくなって
来たのですっ飛ばします(笑)

19

圏央道を潜って、
浅川は道路と離れたり寄り添ったり。
そして、やがて・・・


201
202

私の知っている浅川じゃない。

203

この水だったら顔を洗ったりしたくなりますねhappy01

21 写真撮影のために立ち寄った橋。

こういう橋が所々に架かっています。




話には聞いていたけど・・・ここか~

夕やけ子やけふれあいの里

22
22_2

直売所がありました。
他にも食事処、宿泊施設、日帰り入浴ができたりするらしいです。

23

ボンネットバスを展示。そちらのエリアは入園料がかかるので柵の外から撮影。

22_3 22_4

夕焼小焼橋

22_5

橋の上からの浅川はこんな風です。
紅葉したら綺麗そうmaplehappy01

童謡 「夕やけ小やけ」の作詞家、中村雨紅がこの辺の出身なのだそうです。

note 夕やけ小やけで日が暮れて 山のお寺の鐘がなる・・・


こちらももうすぐタイムリミットです。
山間に入り込んでいるので日没も早いし・・・
残念ながら今日もここまでで引き返します。
多摩川との合流点から27キロ、距離的にはまだまだ余裕があるので
日を改めて再挑戦します。

|

« 浅川を辿る(その3) | トップページ | 浅川を辿る(その5) »

自転車・ポタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546587/58402867

この記事へのトラックバック一覧です: 浅川を辿る(その4):

« 浅川を辿る(その3) | トップページ | 浅川を辿る(その5) »