« HGUCデルタプラス | トップページ | 1/400スタークジェガン(その5) »

2013年2月11日 (月)

1/400スタークジェガン(その4)

こちらの制作は久々の更新になります。
キモのミサイルポッドの制作段階で少々壁にぶち当たって手が止まってましたが
取りあえず始めてみて、ダメなら作り直しと言う考えの基にゆるりと始動。

完成予想サイズでプラ板の積層ブロックを作ってみました。

Photo

第1の問題の発射口の造形ですが
直接彫り込むよりは別パーツにして後から嵌めこむ方が作りやすそう・・・
それなら最初から開口部分の凹みの分を計算してプラ板積層を組めばよかった(^_^;)
まあ、こういう後悔はいくらでもありますね。
頭の中ではいくら考えていてもまとまらないけど、形にしてみるとだんだん考えがまとまってきて、作業に勢いが付きます(^v^)

横幅が決まったので、先に発射口の造形を作ってみます。

1 2

何がどうなるのか全然わからないでしょ(笑)

ミサイルを固定する部分を張り付けるわけです。

3 4

そしてミサイルのヘッド部分に見立てたプラパーツを切り出して・・・

5 6

貼りつけるとこんな感じ。
塗装することを考えて仮止め状態です。


ポッドの後ろ側の造形を作ります。
これも手探り状態で取りあえず組んでみたのが一枚目の画像。
ここから削っていこうかと思ったら、高さがあり過ぎたので結局片側をカット。
更に、0.25ミリ厚のプラ材を張り付けても、見た目変わらないことが分かりました。

1_2 2_2

で、角も取って追加貼り付け。
上側だけは傾斜を出すために厚みのあるパーツから削って行きました。

3_2 

さて、もう一つの問題部分がマウントでした。
肩の装甲を切って取って簡単に乗せられるようにするか、
素体はそのままにしてそれに合わせてマウントを作るか、
それなら直接パテを乗せて形を合わせてしまうか、
プラ材をすり合わせながら削っていくか・・・

で、結局一番最後の方法を取りました。
幸い、凹凸は結構簡略化することが出来たし、試しに作った1個が失敗しただけで
スムーズに作業が進みました(^v^)

Photo_2


で、いつの間にかポッド完成!

1_3
3_3

本体が削れたらセンサー部分を別パーツで追加制作し接着。
側面にも造形追加しました。
よしよし(^v^)

|

« HGUCデルタプラス | トップページ | 1/400スタークジェガン(その5) »

1/400スタークジェガン」カテゴリの記事

コメント

おおお〜w(゚o゚)w
増々、熟練度が〜上がってますね。

そのうち
ふたば模型裏で有名な「100円玉の人」にも、
追いつくんじゃないですか(^o^)丿

投稿: おふ | 2013年2月12日 (火) 00時49分

おふさん、こんばんは~

100円玉の人・・・知りませんでした(^_^;)
検索しました~
私の作品は常人レベルですが
ここから更に小さくするのは
頑張れば出来るという世界じゃないんですよ~
ありゃ~超人レベルです。
顕微鏡使わなくっちゃ(笑)

投稿: ハッシー | 2013年2月12日 (火) 22時42分

すご~いっすぅ~

この妥協の無さが見ていて、鳥肌モノです~\(^o^)/


側面にも。凸パーツが付いててビックリ\(◎o◎)/

投稿: カズ | 2013年2月18日 (月) 07時43分

カズさん、こんばんは~

軽い気持ちで手を入れ始めたら
だんだん大事になってきてしまいました(^_^;)
そろそろ如何にかしないと飽きが来そうです。

投稿: ハッシー | 2013年2月18日 (月) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546587/56745552

この記事へのトラックバック一覧です: 1/400スタークジェガン(その4):

« HGUCデルタプラス | トップページ | 1/400スタークジェガン(その5) »