« また地震 | トップページ | 1/400スタークジェガン(その3) »

2012年12月 9日 (日)

1/400スタークジェガン(その2)

さあ、
いよいよここからが本格的造形制作です。
ある意味、楽しい(^^)

バックパックを行きます。
メインスラスターの上に付いている、
方向転換用のバーニアでしょうか・・・が3か所ある
ナイフの鞘の様な形をした部分を
毎度おなじみ、6.4ミリのプラ角棒から削り出します。
因みに、3カ所のバーニアは0.25ミリ厚のプラ材を加工して
後から貼り付けてます。

Photo

メインスラスターは素体から切り出したものを使おうかとも思ったのですが
フニャフニャしてたので新造しました。
クシャのバインダーに取り付けるのに8個も作ったので
もう慣れたもんです(笑)

半埋め込み状態の様な感じに仕上げて
最初に作った部分と接着。

Photo_2

そして両翼に当たるような部分。
基部は既製品のプラパイプにプラ棒を詰めて
ちょうどいいサイズが出来ました。
翼の部分は、先ほどの6.4ミリのプラ角棒を縦に真っ二つに割って材料節約。

以前にも書きましたが、角棒を切断するときは
カッターの刃を当てて、4面少しずつ金槌で引っ叩いて切断してます。
これだと削りクズ全然出ないし断面もかなりきれいです。

Photo_5
こんな感じですが、実際には工作用マットの上ではやりません。
力が吸収されてしまうので。

縦長のバーニアもやはり別制作して貼り付けました。
フリーダムガンダムの翼の部分に少し感じが似ているでしょうか。
厚みはもっとありますが。

Photo_3

塗装しやすいようにこの部分は接着しないでおきます。
雰囲気を見るために両面テープでくっ付けてみるとこんな感じ。
丸の基部に付く翼の部分は幾分角度を持たせてあり
接着すると少し外側に開いたようになります。

Photo_4

これ、カッコいいsign01

|

« また地震 | トップページ | 1/400スタークジェガン(その3) »

1/400スタークジェガン」カテゴリの記事

コメント

プラ角棒からの削り出し技術が、
すごい\(◎o◎)/!
削りすぎちゃったりしないのですか?

投稿: おふ | 2012年12月13日 (木) 20時42分

おふさん、こんばんは(^^)

最初のひと削りを入れるまでは気が重いですが
クシャトリヤの制作でだいぶ度胸がつきました。
極意は「一発で成功するはずがない。失敗したらまた作ればいい。」
という気持ちで作ることです。
たまに失敗して作り直してます(^^ゞ

投稿: ハッシー | 2012年12月13日 (木) 21時28分

ホントッ!カッコいいっす~(*^∇゜)v

いろんなテクニックがちりばめられてて、勉強になります~(*^o^*)

ところでスジ彫りがとってもきれいに入ってるんですけど
どんな道具使ってるのか、記事で紹介してくださ~いm(_ _)m

投稿: カズ | 2012年12月22日 (土) 13時01分

カズさん、こんばんは~

お褒めいただき有難うございます。
そうですねsign01
スジ彫りの道具・・・というよりやり方は(我流)
次の記事で紹介する予定です。
お楽しみに~(^^)

投稿: ハッシー | 2012年12月22日 (土) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546587/56287239

この記事へのトラックバック一覧です: 1/400スタークジェガン(その2):

« また地震 | トップページ | 1/400スタークジェガン(その3) »