« クシャスクラッチ~番外編~ | トップページ | クシャスクラッチ(11) »

2012年3月11日 (日)

あれから

東日本大震災から丸一年がたった。
東京だったので地震による被害こそほとんどなかったがその後の計画停電とか
食糧・ガソリンの不足など、日常生活ではかなりの不便を強いられた。
連日の報道番組も、津波による衝撃的な映像や原発による恐怖を覚えるものばかりだった。
その後数カ月は何となく沈んだ気持ちで過ごしていたものだった。

ところが今日ではまるで遠い過去の出来事のように感じる。
僅か1年前の出来事なのに、あんなに怖い思いをしたのに、である。
実被害がないとこうも慣れてしまうものなのか。
本当は今でも平穏な日常が紙一重の状態で成り立っているということに変わりはないのに。

家や大事な人を失った人たちの事を思うと、こうも他人事のように感じてしまう自分が情けなく悔しささえ覚える。
しかしながら、そう思えてしまうから人は生きていけるのかもしれない・・・とも思えるのである。

この出来事、悲しみを風化させないためにも関連するテレビ番組は定期的に放送してもらいたいものである。
被災地を直接知らない者にとってはテレビの映像が唯一、現実を実感できるものなのだから。

午後2時46分には家族で黙とうを捧げました。

|

« クシャスクラッチ~番外編~ | トップページ | クシャスクラッチ(11) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546587/54197595

この記事へのトラックバック一覧です: あれから:

« クシャスクラッチ~番外編~ | トップページ | クシャスクラッチ(11) »