« FWガンダムSTANDart:のUCガンダム | トップページ | 今年もやってきた鳥たち »

2010年1月11日 (月)

HGUCサイズのマニピュレータを作ろう(その2)

だいぶ間隔が開きましたが久しぶりに少しいじりました。
どこまでやったっけ? え~と・・・(笑)
指を作ったところまででした。

親指以外の4本を針金で串刺しにするのですが、一本一本の間に0.5ミリのプラ板を挟みます。
Photo_3

そしてこのプラ板で手のひらのパーツに固定します。
手の甲側は1ミリのプラ板を2枚重ねて2ミリに。
手のひら側は1ミリ×2に0.5ミリを重ねて2.5ミリにしています。
Photo_4

このあと、武器を持った時に固定できるように更に手のひらにプラ板を盛るのですが今日はここまでpaper

|

« FWガンダムSTANDart:のUCガンダム | トップページ | 今年もやってきた鳥たち »

ガンダム&フィギュア系」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

あらためて拡大した画像で拝見しましたが…すごい。

作業はピンセット中心ですよね。
作業中にあちこち飛んだりしませんか?
それとも何か特殊な工具でも?

投稿: kinberaied | 2010年1月12日 (火) 22時35分

そうですね。ピンセット中心の作業です。
あとは老眼鏡、拡大鏡、ノギス、彫刻刀丸。
カッターは本体から外して刃のみで使います。
針金を通す時はペンチでそ~と押しこみます。

パーツが飛ぶことはあまりないですね。
(その1)で紹介したマスキングテープ固定方で大丈夫です。
byカズさんの紹介good

ここから先は作業手順を書面化してないので気乗りのしない作業なんですよdown

投稿: ハッシー | 2010年1月12日 (火) 23時05分

これまた職人技ですね

刺してある軸も最終見えないように成ってるし♪

投稿: カズ | 2010年1月12日 (火) 23時52分

最近気が付いたんですが
この作り方だと連邦系では無理ですね。
ザク系は手がデカイのでどうにかって感じです。

投稿: ハッシー | 2010年1月13日 (水) 22時40分

緻密な作業のポイントを外さずこなす高い技術

まさにGoodHand!
m(__)m♪

投稿: ジンさん | 2010年1月20日 (水) 19時20分

ジンさん、今日はお疲れさまでした。
リンク貼っときますねhappy01

日常の食事がテーマのジンさんのブログを追加しました~
何食べよう?って思い浮かばなかったとき覗いてみるのもいいかもdelicious

投稿: ハッシー | 2010年1月20日 (水) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546587/47268518

この記事へのトラックバック一覧です: HGUCサイズのマニピュレータを作ろう(その2):

« FWガンダムSTANDart:のUCガンダム | トップページ | 今年もやってきた鳥たち »