« 学芸会にもの申す | トップページ | 第29回 ジャパンカップ »

2009年11月23日 (月)

HGUCサイズのマニピュレータを作ろう(その1)

さあ、そろそろ試作段階も終了にして本格始動してみるぞ~
しかし、改めて数えたら片手だけで100ピースを超える部品の多さ(絶句)
まずは指に使うパーツを一気に切り出そう。
Photo

カズさんに教えていただいた、マスキングテープを使ったプラ棒の固定の仕方で作業効率アップを狙います。
使う材料はevergreenの0.5×2.0と0.25×2.0です。
この2ミリがそのまま指の横幅になります。
切り出す長さは3.5・4.5・5.5・6.5(ミリ)をそれぞれ大量に(;^_^A
Photo_2
切り出したパーツは長さ別に保管します。百均のピルケースが活躍しま~す。
各関節には0.5ミリの真鍮線を使うので、ピンバイスも同じ径のドリル刃を用意します。
可動部分は彫刻刀(丸)を使って角を落とします。
貼り合わせるとこんな感じ。
Photo_3
貼り合わせ方は下手な図解にしてみました。
Cocolog_oekaki_2009_11_23_00_17
このほかには拡大鏡なんかも使ってます。
棟方志功みたいな姿勢で作業してるときもあります(@_@;)
Photo_4
指だけは組みあがりました。
親指の拇指球は形が複雑なので後回しです。
ザクの指なので、この後角を削って丸みを出せばとりあえず指は完成です。

|

« 学芸会にもの申す | トップページ | 第29回 ジャパンカップ »

ガンダム&フィギュア系」カテゴリの記事

コメント

これは、タマゲました~

こんなに本格的な貼り合わせ構造にしてるとは思ってなかったです~\(◎o◎)/

こりゃ、ホントに大変な作業だわ(#^.^#)
でも、マスキングテープの固定法が役に立てた様で良かったです~

前の記事で言ってた、材質云々はプラ材の方を変えたら、って事でして
どうしてもスチロール樹脂ってのは“擦れ”には弱いような気がするので
ポリエチレンやポリプロピレンの様な材質が良いかな~って思ってました

でも、この2つって接着や加工が非常に困難な材質なんで…却下ですね^_^;

投稿: カズ | 2009年11月24日 (火) 00時36分

カズさんの数々の偉業に比べたら大した作業じゃないですよ~coldsweats01

確かにポリで作れたらいいんですが無理ですねdown
軸を0.5ミリから0.9ミリに太くして抵抗を増やして
どうにかイケそうですgood

投稿: ハッシー | 2009年11月24日 (火) 22時05分

想像通り、ミクロの決死圏寸前じゃないですか!

ゾックのクロー可動ごときで、腰砕けになっている自分を
反省しております。

投稿: kinberaied | 2009年11月25日 (水) 19時34分

一度ノウハウを確立しちゃえば後はいろいろ使えると思うんですよね。

ゾックが出来るまで付き合いますよ~

投稿: ハッシー | 2009年11月26日 (木) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546587/46833960

この記事へのトラックバック一覧です: HGUCサイズのマニピュレータを作ろう(その1):

« 学芸会にもの申す | トップページ | 第29回 ジャパンカップ »